全身のむくみを取るために大切なのは水分と塩分

全身のむくみ

「顔から足の先までとにかく全身がむくんでしまう」そんな、全身のむくみを取りたい方におすすめの解消法を紹介します。

全身のむくみを取るためのポイント

  • 水分を排出する
  • 塩分を摂りすぎない

水分を排出する

成人の体の約60~65パーセントが水分になるため、水は体にとって欠かせない存在です。しかし、この水分量の割合が高くなると身体はむくみを起こします。むくみを解消するには、この余分な水分を排出する必要があります。

塩分を摂りすぎない

塩分を摂りすぎると、身体が余分な塩分(ナトリウム)を排出するために、大量の水分が必要になります。先にも説明があるように、水分を摂りすぎるとむくみを起こすため、塩分の摂りすぎもまたむくみの原因になるのです。

むくみ体型になってしまう原因

むくみには、塩分と水分が大きく関係してきます。たとえば一日に、焼肉、ラーメン、コンビニ弁当などの塩分が多く含まれている食事をたべたとします。焼肉やラーメンには大量の塩分が含まれており、塩分濃度を薄めるために大量の水分が体に必要になります。

だいだい「塩:水=1:3」くらいの割合で水分が必要になります。

2

体に塩分が多い状態になると、脱水症状や貧血、めまいなどの症状を起すため、塩分濃度を薄めるために脳が身体に水分が必要だというサインを出します。そうすると、喉が渇いて大量の水分が必要になるのです。

この大量の水分こそが、ずばりむくみです。塩分を取りすぎることでむくみの連鎖が生まれてしまうのです。では、その連鎖に陥ってしまった場合の対処法を紹介します。

全身のむくみの連鎖を断ち切ってむくみ解消法

全身むくみ

全身のむくみを断ち切る方法は、冒頭でも挙げているポイント「塩分を摂りすぎないこと」「水分を排出すること」なのですが、今まで溜まったむくみをどう処理していくかは日々の積み重ねにかかってきます。

身体がむくまないようにすることも大切ですが、「スッキリむくみを落としてから、むくまないように気をつけること」がポイントです。そうすることで、むくみのない理想的なボディーを保つことができます。

むくみを徹底的に解消するためには、一度綺麗な状態のボディーに戻すこと

2

カリウム

カリウムの成分には、余分な水分や塩分を尿から排出してくれる作用があります。今まで蓄積された水分の排出の手助けをしてくれるので、むくみを取るために必要な栄養素です。

カリウムはほうれん草や枝豆などの食品から摂取することができますが、熱処理に弱いため火を通すことで栄養素が失われてしまいます。1日に必要な栄養素が補えていないとむくみが一向に改善されないため、安定して栄養素を摂るならサプリメントがもっとも手軽です。カリウムの成分を摂取してむくみを解消するなら、「カリウムを含むサプリメントランキング」を参考にしてみてください。

ふくらはぎの筋肉を鍛える

ふくらはぎの筋肉にはポンプのような役割があり、足に溜まった水分をうえに押し流して、体内を循環させる働きがあります。その反面、ふくらはぎの筋力が低下していると、水分が下のほうに溜まりやすくなり、足のむくみが起こるのです。

このふくらはぎの筋肉を鍛えるには有酸素運動をおこなうのが一番なのですが、なかなか継続するのが難しいと思うのでお風呂の中や、お部屋での筋トレ法が効果的です。ただ、1日おこなっただけではふくらはぎの筋肉はつきません。日々の継続がとても大切です。

ふくらはぎの筋力をつける方法

湯船の中でお風呂の桶や、椅子に座って両足をゆっくり上げ下げします。ふくらはぎに抵抗を感じるくらいが効果的です。毎日繰り返すことで、ふくらはぎに筋肉がついて体全体がむくみづらくなります。ふくらはぎの筋力をつけて徹底的に全身のむくみを解消していきましょう。

サブコンテンツ