魔の妊娠9ヶ月むくんで足が痛い!原因と解消法

妊娠9ヶ月むくみ

現在、妊娠九ヶ月です。ここ数日、足のむくみがすごいことに気付きました。むくみには足を高くしてるしか方法がないでしょうか?

引用:ヤフー知恵袋

こういった質問が非常に多く、みなさん悩んでいるようですね。

なぜ妊娠9ヶ月がもっともむくみやすいのか?

妊娠中に体がむくみやすい原因は、子宮が大きくなり血管を圧迫するからです。血管が圧迫されることにより、体内を循環する水分の通り道が狭くなるため、体中に水たまりが出来ます。その水たまりこそが、むくみなのです。とくに足がむくみやすのは、重力の関係で下に水が溜まりやすいからです。

妊娠9ヶ月(妊娠32週~35週)になると、授乳にむけて体の変化が見られます。体が変化することで、ホルモンバランスが崩れてむくみやすくなるのです。生理前のむくみも同様です。生理前、妊娠初期、妊娠9ヶ月は、ホルモンバランスの崩れが原因でむくみやすくなります。

妊娠9ヶ月は「ホルモンバランス乱れ」+「子宮が大きくなる」で、もっともむくみがひどくなるのです。

妊娠9ヶ月のむくみを解消するには?

妊娠9ヶ月のむくみ
妊娠中のむくみを解消するには次のことを意識してみましょう。

  • 有酸素運動
  • リンパマッサージ
  • リラックスして身体を温める
  • 毒素排出

有酸素運動

有酸素運動は、もっとも効果的です。筋肉を動かすことにより、体内の循環がよくなるためむくみが解消されます。妊娠中は無理をしない程度に、なるべく体を動かすよう心がけましょう。

リンパマッサージ

リンパマッサージは、お腹の大きい妊婦さんには難しいですよね。パートナーの人にお願いしましょう。

  • 足を親指で下から上にマッサージ
  • 足の甲をのばす

リラックスして身体を温める

リラックス、体を温めるには湯船に浸かることが最適ですが、妊娠中でお風呂に入るのが難しい場合は足湯をおすすめします。足元を温めることで、体内の循環がよくなりむくみが解消されます。

参考ページ:むくみスッキリ解消!足湯法

毒素排出

体内の老廃物を排出することで、体内の巡りが良くなり、むくみがすっきり解消します。体内に老廃物が溜まっていると、水分の通り道がさらに狭くなりむくみやすくなります。老廃物を流すことで、むくみが解消されます。老廃物は尿から排出されるので、利尿作用のある食べ物(カリウム)を摂取しましょう。

※ カリウムは加熱に弱いのでサプリメントからの摂取が推奨されています。

参考ページ:むくみに効果的なカリウムを含む食べ物

食べ物からのカリウム摂取が難しい人にはサプリメントがおすすめです。

妊娠中にも安心のむくみサプリメント

完全天然成分で作られているので、妊婦さんにも安心して使用することができます。利尿効果の高いカリウムが、スイカの50倍も含まれています。

むくみサプリ

  • 2016年むくみサプリの口コミランキング1位
  • 89%のリピート率
  • 完全無添加の安心素材

妊娠中毒症とは?

それでもむくみが解消されない人は、「妊娠中毒症」の可能性があるかもしれません。妊娠中毒症とは、妊娠による負担が全身の血管や腎臓にかかってしまうことです。おもな症状として、高血圧、たんぱく尿、むくみなどが現れます。定期検査で、早期発見することができるので欠かさずに受けましょう。下半身のしつこいむくみがあり、尿の量が少ない場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

話題のムクトレール|妊娠中の第二類医薬品には注意が必要

第二類医薬品とは、副作用の恐れがあるため注意が必要です。ムクトレールは漢方薬に近い生薬で配合されており、その中でも「カンゾウ」は発疹や痒みなどの副作用があります。そのため「ムクトレール」は、妊娠中・授乳中の方は使用することができません。

妊娠中の人は安心して使用できるむくみサプリを利用しましょう。むくみサプリは「食品」に分類されていますので、副作用などのリスクはありません。また、余分な水分を排出して、むくみに働きかけるため高い効果が期待できます。

サブコンテンツ