しつこいむくみ「特発性浮腫」原因と対処法

特発性浮腫

しつこいむくみは、「特発性浮腫(とくはつせいむくみ)」かもしれません。

自然なむくみはしっかり睡眠を取ることで解消されますが、特発性浮腫は普段の生活ではなかなか落とすことができないのが特徴です。

特発性浮腫

特発性浮腫

しっかり睡眠を取ってもむくみが取れない人は、「特発性浮腫」の可能性が考えらえます。特発性浮腫は、病院などで検査をおこなってもむくみの原因を見つけることが出来ません。以下のことに心当たりのある人は、早めの対処をおすすめします。

特発性浮腫になりやすい人の特徴

  • 神経質な人
  • 太り気味な女性

上記に当てはまる人が、特発性浮腫になりやすいといわれています。神経質な人は、体が緊張してしまって体内の循環が悪くなってしまうのでリラックスするよう心がけましょう。

特発性浮腫の主な症状
  • 体重が2kg異常増加する
  • 尿の量が減る
  • 朝手や顔がむくむ
  • 夜足のむくみがひどくなり、痛みを感じる

検査しても発見することの出来ない「特発性浮腫」ですが、命に関わる病気ではないので安心してください。しかし、放っておくと病気に繋がってしまう恐れがあるため、早めの対処を心がけましょう。

特発性浮腫の対処法

利尿剤を飲む

利尿剤は副作用がみられる場合があるので、お医者さんの指示にしたがって服用しましょう。利尿剤は総合病院、もしくは内科で処方していただけます。

体質を変えていく

薬の処方だけでなく、生活を見直すことがとても重要です。「特発性浮腫」になった場合は、私生活の改善をおこない「むくみにくい体質作り」をしましょう。

むくみ改善

  • 適度な運動を行う
  • 塩分摂取を控える
  • 睡眠をとる

当たり前のことですが、規則正しい生活を送ることが大切です。規則正しい生活を送ることで、「むくみにくい体質」を手に入れることができます。

塩分の摂り過ぎは、むくみの原因になります。余分な塩分を、体内に溜め込まず排出してあげることが大切です。摂り過ぎてしまって塩分は、尿から排出されます。余分な塩分をしっかりと尿から排出することで、むくみは解消されます。

余分な塩分を、しっかり尿から排出する方法
  • 2リットル以上の水分をとる
  • 利尿作用のある成分を摂取する(カリウムなど)

人間の体の60%以上は水分で出来ています。その水分を体は、一日約2リットル以上も必要としています。それは、体のあちらこちらで水分を必要としているからです。

「水は、命の源」といわれているのは、人の体は水分で保たれているからです。尿を出すことにより、体内の水分がろ過されて正常な状態を保つことができます。尿を出すことにより、むくみづらい健康な体を手に入れることが出来るのです。

利尿作用の高い成分:むくみサプリメント

ほとんどのむくみサプリには、利尿効果の高い成分(カリウムなど)が豊富に含まれています。薬と違い、副作用もないので安心して飲んでいただけます。「むくみサプリ徹底比較ランキング」を参考にしてみてください。

サブコンテンツ