汗をかいてむくみを解消【良い汗と悪い汗】

汗とむくみの関係

汗には体に嬉しい効果が多くあります。汗をかくことで、体の代謝がよくなるためむくみにも効果的です。

汗のニオイでに悩んでいる人も必見です。良い汗をかくことで、汗のニオイが軽減されます。

むくみを解消する【良い汗と悪い汗の見分け方】

良い汗の特徴

  • 水のようにサラサラ
  • ふいてもベタつかない
  • 舐めても味がしない
  • ニオイがない

悪い汗の特徴

  • ベトベトする
  • ふいてもベタつきが残る
  • 舐めると塩っぱい
  • ニオイがでる

悪い汗は、良い汗と対照的です。では、悪い汗はなぜ出てしまうのか。その原因を紹介します。

悪い汗の原因

悪い汗は、血液がドロドロになることが原因だと考えられます。血液ドロドロの原因は、「運動不足」「不規則な生活」「摂り過ぎた塩分」などが原因で起こります。血液をサラサラにすることで、良い汗をかきやすくなります。

血液をサラサラにする事で良い汗をかくことが出来ます。ニオイのある汗、ベトベト・ネバネバする汗は体からのSOS信号です。普段の生活を見直して改善していきましょう。

むくみに効果的な汗かき方法

結論から言うと「血液をサラサラ」にすることで、むくみにも効果的な良い汗をかくことが出来ます。

むくみに効果的な汗かき方法

  • 30分以上の有酸素運動
  • 入浴後のストレッチ
  • ポリフェノールの成分を摂ろう

有酸素運動

30分以上の有酸素運動が、もっとも効果的です。有酸素運動にはジワジワ体を温めてくれるという特徴があります。体をジワジワと温めることが血液サラサラに繋がるポイントです。

急激な運動はNG

急激に体が温まると脳が反応して、体温を下げようと汗から熱を逃がそうとします。そうすることで、体の中は冷えてしまい「内冷え」の原因に繋がります。体の外は暑いのに、体の内側は冷えているといった状態に陥ります。体の内側が冷えることで、血液や水分などの循環が滞ってしまいます。

入浴後のストレッチ

お風呂で体を温めてから、ストレッチをおこなうことでさらに代謝がUPします。お風呂上がりは、発汗され体の水分が不足するので、きちんと水分補給をおこなうようにしましょう。

入浴ストレッチ法

※必ずコップ1配分の水分補給をおこないましょう

20分以上お風呂に浸かる

お風呂から上がったら、足をガニ股に開き、手を横にそのままグーっと伸ばします

五秒間キープ

息を吐きながらゆっくりと手を降りしていきましょう

5セット繰り返しましょう

毎日欠かさずおこなうことで、良い汗をかきやすくなります。管理人も実際におこなったところ、10日くらい繰り返しおこなったら体が軽くなってサラサラの汗をかくようになりました。

ポリフェノールの成分を摂ろう

ポリフェノールの成分には、血液をサラサラにする効果があります。血管を膨張させて血液の循環を良くしてくれます。最近では、がん予防にも効果があるといわれており注目を浴びている成分です。体のポカポカ効果を高めてくれるので、むくみの原因と言われている冷え性にも効果的です。

汗の質を高めてくれて、体の健康にも嬉しい効果が期待できます。詳しくは「ポリフェノールのむくみへの働き【抗酸化力と血行よくする】」を参考にしてみてください。

汗をかくことで体に嬉しい変化

質の良い汗をかくことで、体に嬉しい変化があります。

ダイエットに効果的

質の良い汗をかくことで、ダイエットの成功率が8割ほど高まります。健康的に痩せることができます。

アンチエイジング効果

良い汗をかくことで、新陳代謝がUPして体の若返り効果が期待できます。良い汗は皮脂を保護してくれて、天然の美容液となってくれます。

冷え性に効果的

良質な汗は、発汗作用がUPしている証です。体の温め効果が上がることで冷え性解消にも効果的です。

便秘解消

便秘の原因のひとつといわれている冷え性を改善することで、便秘解消に繋がります。便秘解消には食物繊維を取るほか、身体を温めることも大切です。

むくみに効果的

女性の9割以上の人が悩んでいると言われているむくみにも効果的です。体が温まって循環が良くなることで、余分な水分が体に溜まらなくなります。余分な水分を流すことでむくみ解消に効果的です。

サブコンテンツ