年を重ねる程むくみやすくなる?年齢とむくみの関係

年齢とむくみ

基本的に、むくみやすくなるのに年齢は関係ありません。しかし、心臓・腎臓・肝臓などの機能が低下することで、体がむくみやすくなってしまいます。

年を重ねるごとに肌のハリがなくなるほか、筋肉や代謝が落ちたり、心臓や腎臓に様々な病気が現れたりします。それが、年齢によるむくみの原因のひとつかもしれません。

年を重ねて心臓や腎臓の機能が低下すると、むくみが現れる

むくみは、体のリンパ管を通っている水分の流れが悪くなることで、余分な水分が体に溜まり起きる症状です。リンパ管を通っている水分は、腎臓や心臓などにも水分を送り、体を正常な状態に保ってくれています。

年を重ねるごとに、心臓や腎臓の機能が低下しやすくなる傾向があるため、むくみやすくなると言われています。階段を駆け上がったときに息切れが起きるのも、心臓の機能が低下しているあらわれです。

きれいな水分を体に送ってむくみ解消!心臓、腎臓機能UP

きれいな水分を体の中に循環させることで、心臓や腎臓の機能の低下を防ぐことができます。

体の筋肉ポンプを動かす

体の筋肉を、動かすことで体内の循環を良くしてくれる働きに繋がります。とくにふくらはぎの筋肉を動かすことが重要です。下半身は、重力の力で水分が溜まりやすくなり、最もむくみがあらわれやすい部分なのです。

水分が溜まりやすいということは、体内でもっとも流れの悪い箇所であるうえ、毒素も溜まりやすくなります。筋肉を動かすことで筋肉がポンプの役割をしてくれて、溜まった水分を上に押し流してくれます。階段の上り下りなど、なるべくふくらはぎの筋肉を動かすことを意識しておこないましょう。

塩分を控える

塩分を取りすぎることで、体がむくみやすくなります。必要以上の塩分を取ることで、塩分濃度を薄めるために大量の水分が必要になります。

目安としては、塩1に対して、水7が必要になってくるのです。余分な水分が体に溜まるとむくみを起こしやすくなるため。塩分の摂りすぎには注意しましょう。

むくみに対抗する栄養素カリウム

カリウムの成分は、むくみに効果的な栄養素です。ざっくりいうと、「カリウムは、むくみに対抗出来る唯一の栄養素」です。

カリウムには、摂り過ぎてしまった塩分を浄化してくれるうえ、高い利尿作用もあるので、余分な水分や塩分を体の外から排出してくれます。その反対をいうと、カリウムが不足することで体がむくみやすくなります。カリウムは、体に欠かせない栄養素です。

熱に弱いカリウムは、サプリで効率的に摂るのがおすすめです。

カリウムは、加熱することで失われてしまう性質を持っているので、サプリメントからの摂取がもっともおすすめです。カリウムを含むおすすめのむくみサプリメントランキングを参考にしてください。

サブコンテンツ