低体温はむくみの原因に【内冷え解消法】

低体温はむくみの原因

低体温(36度以下)の人は要注意です。体に様々な悪影響が出てくるかもしれません。

低体温が原因で起こる体への影響

  • むくみ
  • 手足の末端冷え性
  • 免疫力低下
  • アレルギー悪化
  • 便秘

自覚がない人でも、普段の生活からこんな症状が現れる場合は要注意です。低体温予備軍の可能性があります。

  • 風邪を引きやすい
  • ふとりやすい
  • 運動不足
  • 便秘
  • 1日3食以下

あてはまる数が多い人ほど、低体温予備軍の可能性の高いです。低体温になると内蔵が悪くなり、体にむくみが現れます。むくみは体からのSOSです。

むくみを解消することで体内の循環が良くなり、内蔵の状態も良くなります。免疫力がUPし、新陳代謝もあげることができます。

むくみの原因「内冷え」解消法

内冷えを解消するには、体の中からジワジワ温めることが効果的です。

30分以上の半身浴

ただお風呂に入るたけではいけません。体の内側からジワジワと温めることで、体の真から温めることができます。普段の入浴を、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませてしまってはいませんか。毎日、湯船に浸かっている人と、そうでない人では、体温が1℃変わってくるといわれています。

湯ぶねにお風呂を貯めるのがもったいない。ガス代や水道代を節約したい人は足湯がおすすめです。足元が温まることで、体全体もポカポカしてきます。

適度な運動

  • お風呂上がりのストレッチ
  • 30以上の有酸素運動

など、筋肉を動かすことで体が内側から温まります。ゆっくり体を温めることで、より代謝を高めることができるため、激しい運動はなるべく避けましょう。

「ポリフェノール」を摂ろう

ポリフェノールは、赤ワインなどによく含まれている成分です。冷え性に効果的で、体の内側から温めてくれます。

赤ワインは冷え性だけを解消したい人にはおすすめですが、むくみも一緒に解決したい人にはあまりおすすめできる方法ではありません。赤ワインに含まれているアルコールの成分が原因で、むくみを起こす可能性があるからです。

冷え性&むくみに効果的な栄養素をバランスよく摂る

冷え性や、むくみに効果的な栄養素は、ポリフェノール・カリウムです。2つの栄養素は、サプリメントで補うことがおすすめです。

「するるのおめぐ実」はポリフェノール、カリウムを含むサプリメントなので、むくみ解消に最適です。

むくみサプリの売れ筋ナンバーワン「するるのおめぐ実」

むくみサプリ

体に必要な栄養素は、偏って摂るのではなく、他の成分と一緒に摂ることでより高い効果を得ることが出来ます。「カリウム」の成分は、食べ物から摂取することが難しく不足しがちな成分です。その逆をいえば、カリウムが不足することで体がむくむ原因に繋がります。

体の異常は、足りていない栄養素を補うことで解消することが出来ます。内冷えからくるむくみを改善するのであれば、カリウム・ポリフェノールを摂取しましょう。

サブコンテンツ