冷え性を解消するための入浴方法まとめ

風呂

夏場でも冷え性に悩む人は多いのではないでしょうか?冬になるともっと悩みが深刻になりますよね。

そんな人に、冷え性を取ってむくみを解消するおすすめの方法を紹介します。

冷え性を解消するための入浴方法

普段の入浴をひと工夫するだけで、冷え症からくるむくみを改善することができます。

酢風呂

効果 生理前のむくみ、肌荒れ

お酢を水で3倍に薄めてお風呂の中に混ぜます。ほどよく汗をかく程度に、20分ほど浸かりましょう。お風呂で体外の汚れを落とすことができても、体の中の汚れを落とすことまでは出来ません。酢風呂には、本来体が持っている機能を正常に戻してくれる効果があります。

烏龍茶風呂

効果 かゆみを和らげる、抗菌

烏龍茶のパックをやかんに入れて沸かしてから、お風呂に入れてよくかき混ぜます。烏龍茶風呂には、熱を体内に保温する効果があるうえ、新陳代謝UPにも有効です。

あら塩(天然塩)風呂

効果 代謝アップ、抗菌

あら塩(天然塩)を手のひら1杯をお風呂に入れます。半身浴で20分程つかると、新陳代謝が高まるうえに、体の毒素を排出してくれる効果も期待できます。お腹や二の腕などの脂肪が気になる部分にあら塩を揉みほぐすと部分痩せの効果もありますよ。

冷え症とむくみの関係性

手足が冷えることで、体はむくみやすくなってしまいます。人間の体の60%以上は水分で出来ており、心臓や肝臓、腎臓に水を運んで正常な状態に保っています。その水が滞ったところ、流れなくなってしまった部分が膨張してむくみになるのです。

冷えることで水分を運ぶ機能が低下して、むくみに繋がってしまします。冷え症を解消するためには、血液の循環を良くして代謝をUPさせることが大切です。血液をサラサラにすることで、冷え性を改善することができます。

冷え性改善血液をサラサラにする方法
  • しょうが、ニラ、玉ねぎを摂取する
  • 尿から毒素を排出する
  • カリウムを摂取

カリウムには、筋肉のポンプの役割をしてくれる働きがあります。筋肉ポンプが活性化することで、血液の循環がよくなり、血液をサラサラにすることが出来ます。摂取しづらい成分ですが、体にはなくてはならない栄養素です。血液をサラサラにして冷え性を改善していきましょう。

食べ物から充分な量のカリウムを摂取することは難しいので、むくみサプリなどを利用して手軽にカリウムを摂取することをおすすめします。

サブコンテンツ