むくみに悪い食べ物|塩分の高い食べ物は注意!

むくみに悪い食べ物

身体のむくみで悩んではいませんか。もしかしたら、それは食生活が原因かもしれません。

ひとくくりに食べ物といっても種類は様々ですよね。むくみの原因は、ずばり「塩分の摂り過ぎ」で起こります。なるべく塩分の多い食べ物は控えましょう。

減塩こそが、むくみ解消の一番の近道です。

むくみに悪い食べ物|塩分の高い食べ物は注意!

ラーメン、インスタントラーメン

ラーメンは、かなり大量の塩分を含んでいるのでむくみやすくなります。とくにインスタントラーメンは、むくみ体質まっしぐらです。

アルコール類(ビール、焼酎、日本酒)

アルコールは塩分ではなく、糖分になります。糖質もまたむくみを招くので、お酒を飲むとよりむくみが悪化します。

コンビニ弁当

添加物たっぷり、塩分たっぷりのコンビニ弁当はむくみの天敵です。

ファーストフード

手軽で美味しいハンバーガーはとても魅力的ですが、むくみに繋がります。なるべく控えましょう。

焼肉

焼肉は、月一の贅沢という感じでなるべく控えるようにしましょう。塩分や糖分、脂肪分を多く含んでいるため、むくみのほか美容の大敵でもあります。

揚げ物

揚げ物は、意外にも順位は低めです。脂肪になりやすいためダイエット時には、おすすめできない食べ物です。量によっては、むくみやすくなるので注意が必要です。

ケーキ、ドーナッツ

塩分だけでなく、糖分もむくみに繋がります。減塩中は、なるべく糖分も控えるようにしましょう。

冷凍食品

むくみに効果のある栄養素は、加工されることで失われてしまうのでむくみやすくなります。少し手間ですが、やはり栄養のある手料理がむくみに効果的です。

ハム、ベーコン

加工品は、塩分を多くふくみます。なるべく控えましょう。

梅干し

梅干しは意外と高い塩分を含みます。食べて喉が渇きやすくなる食材は要注意です。

摂り過ぎた塩分&糖分はカリウムでリセット

味の濃い食べ物は美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。でも、大丈夫です。摂り過ぎてしまった塩分や糖分は、カリウムの成分でリセットすることができます。

ナトリウム(塩分)を取りすぎることで、濃度を薄めるために大量の水分が身体に必要になります。塩分をとることで喉が渇くのは、体に水分が必要だというあらわれです。むくみは、体に水分が溜まることが原因で起こります。つまり、塩分をとることで水分が必要になり、体に必要以上の水分が溜まるためむくみを起こすのです。

余分な水分を押し流す働きのある成分は、カリウムなのです。カリウムには、利尿作用があるうえ、水分のほか摂り過ぎてしまった塩分や糖分をも、一緒に押し流してくれる作用があります。塩分や糖分を摂り過ぎてしまったときは、カリウムを摂取しましょう。手軽な方法として、むくみサプリメントからの摂取がおすすめです。

むくみサプリの売れ筋ナンバーワン「するるのおめぐ実」

するるのおめぐ実には、カリウムの成分だけでなく、さらにむくみに効果のあると言われているカルコンの成分も含まれているので、2つの成分でより強力な排出が期待できます。初回が980円なので、リーズナブルで試しやすい価格設定も魅力的です。

むくみサプリ

サブコンテンツ