ほうれい線の原因はむくみだった?大切な水分の流れ

ほうれい線

20代後半からほうれい線を気にする女性は多いと思います。しかし、ほうれい線は、原因をしっかり改善することで防ぐことができます。

顔のむくみによる「ほうれい線」は、むくみを解消することで改善されます。

ほうれい線の原因

筋肉老化 顔の筋肉を動かさなくなり、頬を支える筋肉を使わなくなってきた。
睡眠不足 忙しい現代人は、睡眠時間が軽減している。
精神疲労 仕事と家庭を両立する人が増え代謝が悪化している。

むくみにより顔がたるむ

顔がむくむことにより、水分量が増えて重力の関係で頬が下に引っ張られます。たとえば、夕方になると足がパンパンにむくみますよね。それは下半身のほうに水分が溜まるからです。

寝ている間にこの下半身に溜まった水分が、顔のほうに流れてきてまぶたやフェイスラインがむくみます。そのまま放っておくと頬がたるんでほうれい線ができてしまうので、顔むくみを解消していきましょう。

ほうれい線改善マッサージ法

ほうれい線改善マッサージ法

  1. 鼻の脇を両手3本でプッシュ(5秒間)
  2. ほうれい線を上に持ち上げるようにプッシュ、同じく両手指3本で押す(5秒間)
  3. さらに両手でほうれい線をすくい上げるように押し上げる、小指で包み込むようにおこなう(5秒間)

上記のことを2セット繰り返しておこなっていきましょう。1日のちょっとした時間(入浴中、化粧水を塗るときなど)に定期的におこなうことで、頬のたるみを解消することができます。

頬のたるみを解消することにより、むくみの原因である顔の水分が流れてほうれい線を改善することができます。顔のむくみを放っておくとほうれい線の原因になります。日頃からしっかりとケアをしていくことが大切です。

顔のむくみ知らずになる方法

前日の夜の下半身のケアが大切です。寝る前に下半身のむくみをしっかりと取れば、朝顔がむくむことがなくなります。

下半身のむくみ解消法

  1. ストレッチ
  2. 入浴
  3. リンパマッサージ

一日の終わりは、ゆっくりとお風呂につかる

お風呂でリンパマッサージ(ふくらはぎを下から上に水分を押し上げる感じでおこなう)

お風呂上がりは簡単なストレッチ(10分程の短い時間で大丈夫)

ほうれい線解消マッサージ

足を冷やさないように布団をかけて就寝(冷えは、むくみの大敵です)

これを習慣化することによりむくみやほうれい線を解消することができます。規則正しい生活を送り、徹底的にむくみを解消していきましょう。

サブコンテンツ