ポリフェノールのむくみへの働き【抗酸化力と血行よくする】

ポリフェノール

ポリフェノールには、非常に高い抗酸化力があるうえ、血行を良くしてくれる作用もあります。生活習慣病を予防する効果もあり、免疫力を高める栄養素としても注目を浴びています。

最近では、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維に次ぐ、第7のファイトケミカルの一つとしても研究されています。

ポリフェノールの働きとむくみとの関係

ポリフェノールには、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。血液がサラサラになることで、新陳代謝が上がり、体を温めてくれる効果が期待されます。むくみの原因のひとつとされている冷え性の解消にも繋がります。

意外なポリフェノールの効果

ポリフェノールは、体を温める効果があるほかに、つわりや、二日酔いを軽減するといった効果もあります。ぶどう、りんご、チョコレートなどの食べ物から摂取することが出来ます。

ポリフェノールを含む食べ物

ポリフェノールを含む食べ物 ぶどう・マンゴー・ブルーベリー・りんご・れんこん・サツマイモ・シシトウ・チョコレート・納豆・ブロッコリー・大豆・ココア・緑茶・赤ワイン
ポリフェノールの一日の摂取量

ポリフェノールは、1日に1000mg~1500mgが理想とされています。

赤ワイン一杯 230mg
ココア 62mg
緑茶 116mg

チョコレートなどは、1日50gを摂ることが理想的です。チョコレートのメーカによって含まれている量が変わってきます。ミルクチョコレートよりも、ビターチョコレートの方がより多くのポリフェノールを摂取することが出来ます。

ポリフェノールが不足すると

ポリフェノールが不足することで、アレルギー症状が出やすくなります。体が冷えることが原因でこういった症状が出ると考えられます。ポリフェノールは体に貯めておくことが出来ないので、こまめに取るように習慣づけていきましょう。

体に必要な量のポリフェノールを摂取することで、冷え性改善や免疫力が高まります。必要な量を毎日定期的に取りたい方は、サプリメントがおすすめです。ポリフェノールを毎日摂取することで、むくみの原因とされる冷え性を改善することができます。

サブコンテンツ