むくみと体重増加は関係する!?そのメカニズムと解消法

むくみと体重増加

「体重が増える=脂肪が増えた」このようにイメージする人が多いのではないでしょうか。

むくみは水分が溜まるとあらわれるため、脂肪とは別物になります。では、なぜ体重増加とむくみが関係しているのか疑問に思う人も多いですよね。そこで、むくみと体重増加のメカニズムを説明します。

むくみと体重増加が関係しているのはなぜ?

むくみと体重増加は関係しています。なぜなら、身体のむくみは体内の脂肪燃焼の低下を知らせるサインだからです。

そもそもむくみが起こるメカニズムとは?

むくみが起こるメカニズムをご存知でしょうか。成人の約60%以上は水分で出来ており、絶えず体内を循環しています。この水分の流れが滞ると、細胞内に水がたまります。この水たまりこそが、むくみなのです。

むくみの図

リンパの流れが滞る・体温が低くなるとむくみが起こる

むくみは、体内の水分循環が滞ることで起こります。逆をいえば、リンパの流れが滞っていることを伝える身体からのサインでもあるのです。

また、体温が低下しても体内の循環が悪くなり、むくみを引き起こします。これらの症状が起こると、余分なエネルギー(脂肪)を燃焼させる働きが弱まるため、「脂肪が増えやすくなる=体重増加する」のです。

むくみは脂肪燃焼の低下をあらわすサイン

むくみは、脂肪が燃焼していないことをあらわすサインでもあります。ということは、むくみがあらわれた状態をほうっておくと、いずれ太る結果を招くことになるのです。

厳密にいうと、むくみと体重はイコールではなく、むくみは体重が増えやすい状態をあらわすサインだと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

体重が増えてしまう前にむくみを解消することで、太るのを防止することができます。

むくみ解消にはカリウム摂取がおすすめ

むくみを解消することで体内の流れがスムーズになり、デトックス効果がもたらされるため、正常に脂肪を燃焼させられるようになります。ようするに、むくみづらく、太りにくい体質を作ることができるのです。

体内の老廃物をデトックスするには、カリウムの成分がおすすめです。カリウムには、摂取しすぎたナトリウム(塩分)や余分な水分、老廃物を尿から排出する作用があるため、非常に高いデトックス効果が期待できます。

トップページでおすすめのカリウムをふくむ「むくみサプリメントランキング」をランキングで紹介しています。参考にしてください。

体重増加しても体脂肪率が減るのはむくみが関係していた

むくみ

体重と体脂肪が一緒に計測できる「体脂肪計」を持っている人も多いのではないでしょうか。そこで、毎日測ってみると体重が増加しているのに体脂肪率は減っているという不思議な現象が起こる場合があります。じつは、このメカニズムにもむくみが関係しているのです。

体脂肪計は測るタイミングと時間帯で数値が変わる

最近の体脂肪計のほとんどは、インピーダンス法が導入されています。インピーダンス法は、体に弱い電流を流して体脂肪率を測定する方法です。筋肉は脂肪の10倍電気を通しやすいことから、このインピーダンス法という技術が誕生しました。

しかし、インピーダンス法は体内の水分量に影響されるため、測る時間帯やタイミングによって数値が違うことがあります。なぜなら、むくみは水分であり、水分は電気を通しやすい性質があるからです。

体脂肪の数値は朝増えて、夕方減りやすいのはなぜ?

体脂肪の数値は、朝増えて、夕方減りやすい傾向があります。これには、むくみ(水分)が関係しています。

夕方になると足がむくんでパンパンになる経験がありませんか。このようにむくみが起こる原因には重力が関係しています。冒頭でも説明があるように、人間の身体の60%以上は水分であり、この水分が重力により下半身に溜まりやすくなるため、夕方になると足がむくんでしまうのです。

その反面、朝起きると足のむくみがすっきりしていませんか。これは、寝ている間に体内の水分が横に流れるため、足のむくみが解消されるのです。

この足のむくみがパンパンな状態で体脂肪計に乗ると、電気は水分を通しやすい性質があるため体脂肪率が減るのです。その反面、朝に体脂肪を測ると前日の夕方よりも増えていることがあります。

体重が増加しても体脂肪率が減るのはタイミングの問題

体重増加とむくみ

結論からいうと体重が増加したタイミングに、水分量が減ったり、筋肉量が増えていたりすると体脂肪率は減ります。ようするに、体重増加しても体脂肪率が減るのはタイミングの問題です。

いつ測っても正確な数値が計測できるのが一番ですが、体脂肪計の性質上、どうしても測るタイミングによって数値が変わります。「体重増加=体脂肪率も増加する」わけではないことを理解しておくといいでしょう。

一気に2キロ以上体重が増加したら病気むくみの可能性がある

むくみがあらわれたうえに、2キロ以上体重が増加した場合は、特発性浮腫(とくはつせいむくみ)である可能性が考えられます。特発性浮腫の特徴として、異常に体重が増えたり、手や顔がむくんだり、尿の出る量が極端に減ったりと様々な症状があらわれます。

これらの症状に当てはまる人は病気のむくみである可能性が考えられるため、「しつこいむくみ「特発性浮腫」原因と対処法」のページを参考にしてください。

ピルと体重増加は関係している?

基本的には、ピルと体重増加は関係がありません。ただし、飲み始めは身体が慣れていないため、むくみやだるさ、倦怠感、頭痛などの症状がおこりやすくなります。

こうした体調の変化と、食生活、不規則な生活、ストレスなどが併用して体重増加を招いているのかもしれません。また、ピルを飲用することでホルモン分泌が活発になり、食欲が増えるケースもあるようです。これら色々な原因が重なって、体重が増えた可能性が考えられます。

サブコンテンツ