ふくらはぎのむくみが酷いです…【原因と解消法】

huyrkw

ふくらはぎがすごくむくみやすいです。マッサージしても1日欠かすとすぐむくみます。いいマッサージと、むくみにくい方法を教えてください

引用:ヤフー知恵袋

定期的にマッサージやむくみソックス、ストレッチ、エステ、整体などをおこなっていても「すぐにふくらはぎがむくんでしまう」そんな人も多いのではないでしょうか。頑固なむくみを解消するためには、正しい知識を身に付けることが大切です。

ふくらはぎのむくみ知らずになるために、正しい知識を身に見つけていきましょう。

ふくらはぎのむくみの原因を知ろう

ふくらはぎがむくみやすい原因は、体の内のしくみに関係があります。人間の体の60%以上は、水分で出来ています。水分は、細胞と細胞の間の管を通って体の中を循環しています。

むくみの原因は、身体の中の水分が循環不足になることです。

循環している水分は重力の力で、下の方に溜まってしまいます。1日のデスクワークや立ちっぱなし、座りっぱなしが原因でふくらはぎに水が溜まってしまいます。下に溜まった水分が膨張したものが、ずばりむくみなのです。

ふくらはぎがむくみにくい習慣を身につけよう

お風呂には必ずつかる

お風呂に浸かることで、血液の流れがよくなり血行が良くなります。血行が良くなることで体のポカポカが持続して、むくみの原因のひとつともいわれている冷え性改善にも効果が期待できます。

水分を1日2ℓ以上飲む

1日2ℓ以上の水分を摂取することで、体中の水分を正常な状態に保つことが出来ます。“水は、命の源”ともいわれているように、水分、体にはなくてはならない存在です。水分が不足することで体の循環が滞り、心臓や腎臓、肝臓などにも影響を及ぼします。

足をなるべく冷やさない

身体が冷えることでむくみやすくなってしまいます。就寝時や仕事中などなるべく足を冷やさないよう心がけましょう。

寝るとき

冬は、湯たんぽやホット毛布、靴下など。夏は、エアコンや、扇風機などの冷気が足に直接当たらないように注意しましょう。

ふくらはぎのむくみの解消法を実践しよう

適度な運動(有酸素運動)

30分以上のウォーキングが効果的です。サウナスーツを着ておこなうと、より効果が高まります。筋肉を動かすことで水分が押し流されて、水分の循環が良くなります。また体も温まるため代謝もUPします。

足を少し高い位置に置いて寝る

まくらやクッションを使って、ふくらはぎのむくみを心臓のほうに流してあげましょう。翌朝の足のだるさなどが和らぎます。

余分な塩分を尿から排出する

ふくらはぎのむくみを解消するために、とても重要なポイントです。余分な塩分はむくみの原因に繋がります。ふくらはぎに痛みを感じる人は、塩分の摂り過ぎが原因です。筋肉痛の場合もありますが、頻繁に続くようでしたら必要以上に摂り過ぎてしまった余分な塩分が原因だと考えられます。余分な塩分は、しっかり排出しましょう。

摂り過ぎてしまった塩分を排出する方法

トイレに行く回数を意識的に増やす

成人の平均回数は、1日に4~8回くらいです。この回数よりも少ない人は、意識的にトイレに行く習慣を身につけましょう。少しの量でも、排出することが大切です。尿が出にくい人は、こまめに水分補給をおこないましょう。

カリウム、カルコンの成分を摂取する

カリウム、カルコン
カリウム・カルコンには、非常に高い利尿作用があるため、体内の毒素を排出する手助けをしてくれます。カリウム・カルコンは、パセリ、納豆、スイカ、明日葉などの食べ物から摂取することができます。

むくみ解消には「カリウム」「カルコン」の高い排出力

カリウム・カルコンの成分は、むくみサプリメントからも摂取することができます。「むくみサプリランキング」を参考にしてください。

カリウム、カルコンの不足は、むくみや疲労感の原因に繋がります。朝起きて足のだるさが取れない人は、カリウム不足が原因だと考えられます。1日に必要な栄養素を定期的に摂取して、むくみを解消していきましょう。

むくみサプリの売れ筋ナンバーワン「するるのおめぐ実」

むくみサプリ

  • 2016年むくみサプリの口コミランキング1位
  • 完全無添加の安心素材
  • カリウム&カルコンが豊富

むくみ解消サプリ【 一緒に読まれる人気記事 】

サブコンテンツ
むくみサプリバナー