車の長時間運転でむくんでしまう?運転中のむくみの予防と改善法

dr

「車を運転していると足がむくんで痛い」「運転後車から降りると足がパンパン」そんな経験はありませんか?

車の運転むくみは、こんなことが原因として考えられます。

4

ストッキングや靴下による締め付け

ストッキングや靴下で足を締め付けることで、リンパの流れや水分の流れがストップしてしまい、足がむくんでしまいます。出来るだけ締め付けの緩いものを履く、もしくは長時間の運転時はなるべく靴下やストッキングどを脱ぐように心がけましょう。

長時間運転で、足に水分が溜まっている

車を長時間運転することで、重力の力により、水分が下半身の方に溜まった状態になります。なるべく休息をとりながら、コンビニやサービスエリアに立ち寄って、足のふくらはぎの筋肉を動かすことで下半身がむくみづらくなってきます。

ジーパンなど締め付けの強い服装をしている

締め付けの強い服装は、血管やリンパ管を圧迫してしまううえ、下半身だけでなく全身がむくみやすくなってしまいます。できる限り締め付けの弱い服装をすることで、むくみの原因が改善されます。

靴やパンプスで運転している

靴やパンプスを履いていると足先まで水分が流れなくなるため、むくみやすくなります。むくみのほか、冷え性にもなってしまうので、運転中は締め付けの弱い靴(クロックス、スリッパなど)を履きましょう。

運転中のむくみの原因は、ずばり身体の締め付けや、長時間の筋肉運動の停滞にあります。普段からの生活習慣や運動により、むくみづらい体作りをすることができます。そこで、むくみの予防法や改善法を紹介します。

運転中のむくみの予防と改善法

ふくらはぎの筋肉をつける

ふくらはぎの筋肉は、リンパや水分を上半身に押し流すいわばポンプのような役割をしています。ふくらはぎの筋肉が衰えている人は、ポンプで押し流す力が弱くいため下半身に水分が溜まりやすくなり、足がむくんでしまいます。なるべく普段から、ふくらはぎの筋肉を動かすように心がけましょう。

水分を一日2リットル以上摂取する

一日の水分量が少ない場合、身体に老廃物が溜まりやすくなり、水分やリンパの流れを老廃物がせき止めてしまいます。一日に2ℓ以上の水分を取ることで、老廃物が流れてむくみだけでなく、便秘も解消されやすくなります。

むくみになりづらい体質を作る

むくみは、カリウム不足が原因だと考えられます。カリウムには、塩分を分解して体の外に排出する働きがあります。また水分を排出するパワーが非常に強く、水分を体に溜め込まず水はけの良い身体にしてくれます。さらにカリウムの栄養素を摂取することでむくみだけでなく、冷え性、便秘改善にも繋がります。

カリウムの摂取方法

カリウムは、熱に弱いため食品からの摂取が難しい栄養素といわれています。そのため、カリウムが不足している人が非常に多く、それに比例してむくみで悩む人の割合がとても多いのです。とくに女性は、男性と比べて、筋肉量が少ないため足がむくみやすい傾向にあります。定期的にカリウムを摂取するなら、健康栄養補助食品がおすすめです。

カリウムは食べ物からの摂取が難しいので健康補助食品から摂取をしましょう。

むくみ健康補助食品の選び方のポイント

  • 天然成分であるか
  • カリウム以外の成分も含まれているか

健康補助食品は、カリウム以外の成分も含まれているかがとても重要です。カリウムのみを補っても栄養のバランスが崩れてしまうため、正しい効果が得られません。カリウム以外の成分も含まれているうえ、添加物の含まれていない天然成分のサプリメントを選ぶことがポイントです。

2つのポイントを抑えた健康補助食品のサプリメントは、「するるのおめぐ実」

するるのおめぐ実は、天然成分で作られている健康補助食品です。無添加、無香料で、自然食材をもとに作られているので、妊婦さんでも安心して使用することができます。カリウムのほか、むくみに効果的なカルコンや、身体の新陳代謝をアップさせてくれるポリフェノールも含まれているので、冷え性や便秘改善の効果も期待できます。

むくみサプリ

  • 2016年むくみサプリの口コミランキング1位
  • 89%のリピート率
  • 完全無添加の安心素材

一度身体に溜まった水分をリセットすることで、むくみづらい体作りをすることができます。まずは、むくみを解消することから始めましょう。そうすることで運転中のむくみが自然と解消されますよ。

サブコンテンツ