お酒を飲んだ翌日「顔のパンパン」むくみ解消法

お酒を飲んだ翌日の顔のむくみ

お酒には利尿効果があります。お酒を飲むことで尿が出やすくなりますが、水分を急激に排出するので身体が脱水症状に近い状態になり、身体が飲んだ量よりも多い水分を要求します。

お酒を飲むと喉が渇きやすくなり、水分の吸収率が高くなることで翌日のむくみに繋がります。

お酒を飲んだ翌日の顔むくみの原因は、ずばり前日の水分の過剰摂取によるものです。

お酒を飲んだ翌日の顔のむくみ

お酒を飲んだ翌日の顔のむくみ解消法

お酒を飲んだ翌日に、むくみを感じてしまったら下記の方法で症状を緩和することができます。

マッサージ

指3本を使い頬を持ち上げましょう。優しく揉みほぐしながら、そのまま耳のほうに老廃物や余分な水分を流していきましょう。

お風呂で汗をかく

体内の毒素は汗から排出することができるため、サウナや岩盤浴はとても効果的です。ホットタオルを目元に乗せてお風呂に入ると、目元のむくみも一緒に解消することができます。皮膚の薄いまぶたは、顔の中で一番むくみが出やすい部分になるため、念入りにケアをすると良いでしょう。

温かい飲み物を飲む

お酒を飲むと喉がかわきやすくなるので、冷たいものをゴクゴク飲みたくなりますよね。しかし冷たい飲み物は、体を冷やしてしまうのでNG行為です。翌朝は、温かい飲み物で内側から体を温めて体内の巡りを良くしましょう。

顔のむくみをただ解消するだけでは、少しずつ老廃物や水分が蓄積されてしまいます。お酒を飲む前日に予防しておくことが大切です。

お酒を飲む前にカリウムを摂ろう

カリウムには、水分のバランスを調整してくれる働きがあります。お酒を飲む前にカリウムを摂ることで翌朝の「顔のパンパン」を防ぐことができます。

カリウムは、加熱することで栄養素が失われてしまうので、食品からの摂取が難しい成分といわれています。

どの栄養素にもいえることですが、カリウムを偏って摂取してしまうと栄養のバランスが崩れてしまい、高カリウム血症になる可能性もあります。

カリウムは、他の栄養素と一緒にバランスよく摂取することが大切です。

普段の食事からの摂取が難しい栄養素は、健康補助食品(サプリメント)からバランスよく摂取しましょう。

お酒を飲んだ後のむくみ解消には、カリウムやむくみの効果的な栄養素がバランスよく含まれた、むくみ専用サプリ「するるのおめぐ実」がおすすすめです。

むくみサプリの売れ筋ナンバーワン「するるのおめぐ実」

むくみサプリ

  • 2016年むくみサプリの口コミランキング1位
  • 89%のリピート率
  • 完全無添加の安心素材

お酒を飲んだ翌朝の顔のむくみ予防

長時間睡眠NG

睡眠の取り過ぎは、顔むくみの原因に繋がります。身体が横になることで、水分が顔のほうにも流れ込んできてしまうからです。睡眠時間が長くなるほど顔がむくみやすくなるため、6〜8時間を目安に寝過ぎないように気をつけましょう。

2杯に1杯は、ソフトドリンクを飲む(ウーロン茶、オレンジジュースなど)

少し酔いが醒めてしまうかもしれませんが、ソフトドリンクをお酒の合間に飲むことでアルコールが原因で起こる脱水症状を和らげることができます。

お酒を飲まないことが一番ですが、飲んでしまったら身体の調子を整えることが大切です。週に2回以上は、休肝日を作りましょう。お酒を飲む前に食事を取ることも効果的です。飲み過ぎは顔むくみの原因になるため、お酒はほどほどに楽しみましょう。

サブコンテンツ